田原市/放置車の回収は「買取」ます!バイクオフ名古屋がお得!CRM

2016年 7月 3日

DSCN0455愛知県田原市で放置車のホンダCRM250Rを買取りました。

CRMは、本田技研工業が販売しているオートバイ式のバイクです。
空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載したバイクでモトクロス競技用モデルとなっています。

CRM250Rは1989年4月15日に販売し1996年まで生産され続けました。
1991年にはモデルチェンジも果たしました。

1993年3月5日にモデルチェンジをし、ステップを幅広タイプに変えブレーキレバーも変更しました。

1994年3月1日には外観のスタイルも変更し燃料タンクも11Lに増えました。
トルク特性も変更したことから1.2速をハイギアード化にしました。

そして1997年1月24日にCRM250ARを販売し、今まではモデルチェンジで改善を図ってきていましたがフルモデルチェンジ車として話題を呼びました。
AR燃焼エンジンを搭載し、省エネ対策を図りました。

このAR燃焼エンジンによって自然着火を制御し不完全燃焼を削減することで燃焼率をアップさせることに成功しました。
これにより環境適合基準をクリアすることが可能になりました。

しかし、排気ガス規制が制定されたことによりAR燃焼エンジンも数年後には生産も終了する事となりました。
日本だけではなく海外にも起用されましたが、ホンダ自体が4ストロークエンジンに移行を発表したことから2012年には搭載されてるバイクは数少なくなってしまいました。

そのため、CRM250Rが軽二輪車として最後に製造されたバイクとなります。

こちらのバイクを買取りました。
誠にありがとうございました。