名古屋市緑区から廃車処分のバイク、買取注文!ホンダNSR250R

2016年 6月 2日

DSCN0332名古屋市緑区で処分バイク ホンダ NSR250Rを買取りました。

NSR250Rは本田技研工業が製造してレーサー用のレプリカとして販売しているバイクです。
1986年にNSR250Rが発売されました。
発売当初はスピードが速く抜群な性能だったことからレース業界からの支持も高く人気の高いバイクでした。
元々ヤマハやスズキと対抗してNSR250Rが販売される前にも他のバイクを売ってきましたがヤマハRZ250RやスズキRG250に勝つことができず試行錯誤を続けました。
その結果功績を納めることができ大ヒットすることとなります。

1986年にNSR250Rをフルモデルチェンジ化したNSR250RGを発売します。
新たにアルミ二ウム性のツイン・スーパーフレームを付け水冷2ストロークV型2気筒エンジンが備わったことから大きな話題を呼びました。

2代目モデルとして1987年11月にNSR250RJ-RKが発売されました。
このバイクからテールランプが2灯になりこのタイプは2年ほど販売を続けました。

1990年2月に3代目モデルとしてNSR250RL-RNを発売しました。
外観のデザインも大きく変わりヘッドライトも2灯ハロゲンヘッドライトに変える等の工夫が施されました。

その後、1993年に最終型NSR250RR-RTを発売し、NSR250Rの最終モデルになりました。
構造の主な変更点としてPGMメモリーカードで使用するカードキータイプの物や競技のために用いられるPGMメモリカードを更に使うことでエンジン機能を変えることも出来るようになっています。

4代目までずっと変わらず愛され続けているこちらの初期型NSR250Rを買取らせて頂きました。誠にありがとうございました。