岡崎市に出張、廃車バイクを『高値買取』しました!ヤマハドラッグスター400

2016年 5月 19日

DSCN0117愛知県岡崎市で処分バイク ヤマハ ドラッグスター400を買取りました。

こちらは1996年に登場したバイクでヤマハ発電機が製造しています。
ドラッグスターはアメリカンタイプのオートバイです。
2009年以降に日本で発売されたのは、実は3台だけなんです。
ドラッグスター250、ドラッグスター400、ドラッグスタークラシック400のみの販売となっています。
1996年2月にドラッグスター400が登場しました。
エンジンの音が低く躍動感に溢れたスタイルが男性を引きつける理由の一つとなっています。
外観も非常に独特で形も男性が好む造りになっています。
その2年後、1998年2月にドラッグスタークラシック400が登場しました。
ワイドタイプには16インチタイヤを備えつけ、大型専用のヘッドライトも搭載。
ヘッドペグも付いている優れものです。
更に進化を遂げた造りにファンの心は強く動かされたことでしょう。
1999年にドラッグスター1110が登場しました。
サスペンションがリゾット風モノショックへと、またリアブレーキがディスク式へと変更されたことから、大きくリニューアルした新たなスタイルへと変わっていきました。
2000年6月にドラッグスター250が登場。
今までのリジット風のモノショック機能ではなく、敢えてツインショック式のサスペンションに変えていくことにしたのが250の特徴と言えるでしょう。
2000年10月にはドラッグスタークラシック1110が登場して1110ファンの話題を呼びました。
2008年9月に一時生産終了になりましたが今でも愛されているバイクです。
こちらのバイクの買取り依頼、誠にありがとうございました。